お得に使えるdカード

  • 投稿日:
  • by

お得に使えるクレジットカードといえば、dカード。特徴としては、まず、ローソンでのお買い物が最大5%お得になること。コンビニでのちょっとした買い物でも積み重なると意外とけっこうな金額になるもの。ローソンでの支払いをdカードにすれば、2%のポイント還元と3%OFFが適用され、最大5%お得です。また、ポイント還元率が1%と高めなこと。還元率は0.5%のクレジットカードも多い中、これはお得です。いつもの買い物をdカード払いにするだけで、ポイントがたまります。最後に、dカードは初年度年会費も無料です。2年目からも、初年度に一度でも利用していれば無料になります。実質タダで利用できますので、デメリットはありません。持っていて損はないクレジットカードといえます。

ゴールドカードをめぐるあれこれを考える

  • 投稿日:
  • by

会計事務所に勤めていることもあり、大きな会社のトップの方と会食という形で、お話する機会も時々あります。費用は会社持ちということで。接待ですね。会食が終わると、トップの方はたいていゴールドカードの一括払いで食事代を支払います。太っ腹というか、ゴールドカードで自分のステータスを誇っているような感じです。さて、ゴールドカードというと、年会費が高額になってしまうことは周知の事実です。節約生活をしなければ食っていけない私には関係のない話です。50歳を過ぎても年会費無料のクレジットカードしか持っていません。ゴールドカード会員になるといろいろ特典があるのはわかっています。しかし、カード払いばかりしていると、返済が後で大変です。そのことで、地獄を味わっている人も仕事の関係上、いろいろ知っています。年会費無料でポイント還元がお得というのが、庶民感覚で言えば、賢い選択であると思います。

最短即日発行のクレジットカードには多くのポイントを貯められるメリットがあります。発行まで時間のかかるクレジットカードでは届くまで別の支払い方法を選ばざるを得ません。その期間中の支払い分のポイントを貯める機会を失わずに済むのが、最短即日発行ならではのメリットです。クレジットカード決済しか受け付けてもらえない店舗でお得なキャンペーンを開催していた場合、すぐにカードが使える状態であればキャンペーン期間が終了する前に参加できるようにもなります。クレジットカード最短即日発行に対応している中に、エポスカードが存在します。最寄りのマルイの店舗で手続きすることで、その場でカードを発行してもらえます。但し、審査を通過しなければ意味がありません。まず、パソコンやスマホからエポスカードに申し込みます。このときに必要項目へ正しい情報を入力してください。住所や氏名、連絡先や勤め先など、間違った情報を入力すると審査に落ちる危険が高まるからです。店舗でカードを受け取る際には、運転免許証などの顔写真入りの本人確認書類も持参しましょう。顔写真のない各種健康保険証などの書類だと当日受取ができません。おおよそ30分くらいでカードが発行され、その瞬間から使えるようになります。

引越しの際は、住所の変更をお忘れなく!

  • 投稿日:
  • by

私は、楽天カードとYahoo!のクレジットカードを使用していました。使いすぎを防ぐため、どちらも支払い方法は「請求書支払い」を選択。3年前に他県から大阪府へ引っ越したのですが、新しい住所になってからは、何故かカードは使っているのに請求書が届かなかったのです。"なんか請求書がこないけど、ま、いいか"と思っていた私ですが、とある理由で、CICを照会する機会がありました。照会書類を見ると、何とそこには「移動」の文字が(ブラックリスト)!実は引越しの際にカードの住所変更をしていませんでした。そう、請求書が届かないのはそのためだったのです!結果、「支払い遅延」であえなくブラックリスト入りしてしまったわけです。何故カードの住所変更をしていなかったかというと、住民票の移動は済ませていたので大丈夫だろうと勘違いしていたのです。現に他の郵便物はきちんと届いていましたし。カードの請求先住所は住民票を移しても自動的に変更されません。皆さんも引越しの際は、住所情報の変更をお忘れなく!ネットからでも可能です!

2枚目のカードを作りました

  • 投稿日:
  • by

最近、2枚目のクレジットカードを作りました。今までは1枚で十分だと感じていたのですが、あることがきっかけで2枚目に興味を持ったのです。それは、自分の持っているカードがJCBだったのですが、2度連続でJCBは使えないという場面があったのです。そこで、あと1枚はVISAかマスターカードを盛っておいたほうが良いと感じたからです。そこで、ネットでどこのカードが良いか検討した結果、自分の使用している携帯電話会社のカードを作ることにしました。携帯料金をそのカード払いにすると、ポイントが貯まりやすいですし、特典もあります。やはりポイントが貯まる、特典があるということがカードを作る際の大事なチェック項目だと思います。2枚使いになっても不便なことは何もないですし、早く2枚目を作っておけば良かったと思いました。

クレジットカードの選び方

  • 投稿日:
  • by

私は以前、クレジットカードを4枚持っていました。携帯キャリアのカードだったり、小売店のカードです。利用しているうちに、クレジットカードというのは2枚ほどで丁度いいと思いました。カードを使い分けすぎると、ポイントなどが溜まりません。そのカードの特典が利用できるのであれば、お得かもしれません。しかし、使っているうちに混乱を招くことがあります。それぞれのカードごとに明細をチェックしなければならないので、かなりの手間です。それだけでストレスになることがあります。最近は共通ポイントカードといって、提携先の企業であればお得にカードを利用することが可能になりました。そのためよく利用する店舗やサービスを加味して、カードを選んだ方がお得だと感じました。その結果、2枚のカードに落ち着きました。

クレジットカードの利用体験談について

  • 投稿日:
  • by

私は、日常生活でクレジットカードを使っています。現金ではなくクレジットカードを使っているメリットとしては購入金額に対してポイント還元されるためです。また、年会費無料で様々な特典やサービスを受けられる点はとてもメリットが大きいと思います。特にポイント還元では、購入金額の1パーセント分のポイントを得ることが出来るため年間の購入金額を教えるとポイント還元分はとても魅力的です。貯めたポイントで次回の買い物などに使う事が出来るため我が家は、クレジットカードで決済をする事が殆どです。現金を持っておくと財布の中も嵩張ってしまいますがカードであれば財布の中もすっきりします。クレジットカードで決済する事で多くのメリットが得られます。

ジャスコのクレジットカード

  • 投稿日:
  • by

イオングループのクレジットカードであるイオンカードをおすすめします。なぜなら、年会費無料だからです。そして、素敵な特典が盛りだくさんあるのです。例えば、ジャスコ感謝デーでこのカードを利用することで毎月20日と30日は、なんと商品が5パーセントOFFなのです。そして、55歳以上の方にはGG感謝デーで5パーセントOFFになるのです。その他にも有名メーカーの化粧品が15パーセントOFFになったり、ポイントがたまれば、その分使えるのです。持ち金がなくたって、このクレジットカードをもっていれば大丈夫。お財布代わりにもなります。手持ち金はいらないのです。そして、後日明細書が送られてくるので家計簿もつける手間も省けて、自分の使ったお金の使い道が分かります。

札幌に住むなら持っておいて損はなし

  • 投稿日:
  • by

今回札幌や近郊にお住いの方にオススメしたいクレジットカードはJRタワースクエアーカードkitacaです。年会費は初年度は無料で、次年度より1250円かかりますが、1年のうちに1回クレジットカードで買い物をすれば年会費はかかりません。ポイントについてはJRタワー内でクレジットカード決済の場合は100円につき2ポイント、現金の場合は100円で1ポイント、JRタワー以外での国内のオリコ加盟店、国内、海外のジェーシービー、マスター、ビザ加盟店でのクレジットカード決済の場合は200円につき1ポイントが貯まります。また、年に2回程度5倍ポイントの期間があり、JRタワー内でクレジットカード決済するとそこから2倍ポイント、つまり10倍ポイントが貯まります。1万円の買い物で千円分のポイントが溜まるのです!そしてこのカードを持っているだけで、札幌駅にある映画館や展望台、飲食店の割引が受けられたり、2千円以上の買い物でコインロッカーが一定時間無料で使用できたりと大変お得です。札幌駅でよく買い物するという方は是非持っておくことをおススメするカードです。

クレジットカードは、カード加盟店でのお買い物の支払い方法として使う後払い方式の決済システムですので、利用した分の支払いがしっかりと可能なのか、申し込み者の支払い能力の確認のために審査が行われます。最近はインターネットから手軽に申し込みができる場合がほとんどで、中には窓口で受け取りをすることで申し込みをしたその日のうちに即日カード発行が可能なクレジットカードもありますが、入会時の審査がないサービスは存在しません。 どのようなクレジットカードでも必ず審査が必要ですので手続きの流れをあらかじめ一通り知っておきましょう。クレジットカードの申し込み方法は最近はインターネットからの公式サイトにアクセスして、入力フォームに申し込み情報を入力して送信する手続き方法が主流となっています。クレジットカードによっては入会時にポイントが付与されるなどキャンペーンを開催していることも多く、専用のキャンペーンページから手続きを開始しないと対象外となってしまう場合がありますので注意しましょう。入力する項目としては、申込者の住所氏名や生年月日、電話番号などの基本的な個人情報はもちろん、年収や勤務先の情報を申告したり、居住年数や住居の種類、そして家族構成なども申告するようになっています。これらの情報はクレジットカード会社が申し込み者の支払い能力を評価する上で参考として使われます。例えば、勤務先については勤続年数を入力するようになっていますが、どれだけ収入が安定しているかを判断するための基準となっています。それに加えて審査結果に重大な影響を与える情報として、他社利用状況があります。既に他社のクレジットカードや消費者金融銀行や銀行の無担保融資などを利用している人は特に、その利用件数と金額を必ず正確に申告しましょう。これは、これから申し込むクレジットカードでキャッシング枠を利用したいときは特に、総量規制という法律のルールがあることもあって重要なポイントとなります。必要事項を入力て送信すればクレジットカード会社で審査が行われ、勤務先の在籍確認などの手続きを経て書類提出を行い審査に通過すれば利用開始となります。提出する書類は、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と、キャッシング枠を利用するときは必要に応じて収入証明書を提出します。審査はよほどランクの高いカードの申し込みでなければ、本人に十分な収入があれば通る場合が多いですが、一度に複数のクレジットカードを申込すると落とされる場合がありますので注意しましょう。