クレジットカードにインターネットから申し込みをする場合の審査の流れ

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードは、カード加盟店でのお買い物の支払い方法として使う後払い方式の決済システムですので、利用した分の支払いがしっかりと可能なのか、申し込み者の支払い能力の確認のために審査が行われます。最近はインターネットから手軽に申し込みができる場合がほとんどで、中には窓口で受け取りをすることで申し込みをしたその日のうちに即日カード発行が可能なクレジットカードもありますが、入会時の審査がないサービスは存在しません。 どのようなクレジットカードでも必ず審査が必要ですので手続きの流れをあらかじめ一通り知っておきましょう。クレジットカードの申し込み方法は最近はインターネットからの公式サイトにアクセスして、入力フォームに申し込み情報を入力して送信する手続き方法が主流となっています。クレジットカードによっては入会時にポイントが付与されるなどキャンペーンを開催していることも多く、専用のキャンペーンページから手続きを開始しないと対象外となってしまう場合がありますので注意しましょう。入力する項目としては、申込者の住所氏名や生年月日、電話番号などの基本的な個人情報はもちろん、年収や勤務先の情報を申告したり、居住年数や住居の種類、そして家族構成なども申告するようになっています。これらの情報はクレジットカード会社が申し込み者の支払い能力を評価する上で参考として使われます。例えば、勤務先については勤続年数を入力するようになっていますが、どれだけ収入が安定しているかを判断するための基準となっています。それに加えて審査結果に重大な影響を与える情報として、他社利用状況があります。既に他社のクレジットカードや消費者金融銀行や銀行の無担保融資などを利用している人は特に、その利用件数と金額を必ず正確に申告しましょう。これは、これから申し込むクレジットカードでキャッシング枠を利用したいときは特に、総量規制という法律のルールがあることもあって重要なポイントとなります。必要事項を入力て送信すればクレジットカード会社で審査が行われ、勤務先の在籍確認などの手続きを経て書類提出を行い審査に通過すれば利用開始となります。提出する書類は、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と、キャッシング枠を利用するときは必要に応じて収入証明書を提出します。審査はよほどランクの高いカードの申し込みでなければ、本人に十分な収入があれば通る場合が多いですが、一度に複数のクレジットカードを申込すると落とされる場合がありますので注意しましょう。